体育会系が活躍できる業界は?体育会系こそITエンジニアになれ!!

アメフトスポーツ全般
スポンサーリンク

今日も世界と1on1!
どうもダムゴリです。

今、世間ではスポーツ業界での不祥事が大きく取り上げられています。
体育会系の人たちへ悪いイメージを持つ人も増えているかもしれません。。
体育会系出身(大学ではアメリカンフットボールをやっていました)
の僕としても残念で大変悔しいです。
ですが…
体育会系出身の人は社会で活躍するための力をたくさん持っています!

今回は、ITエンジニアに焦点を当てて、
体育会系のすばらしいところを取りあげていきます!
(もちろん、体育会系以外の方を否定するつもりは1ミリもありません!)

就職活動で悩んでいる体育会系出身の方!
採用活動で悩んでいる人事部の方!
サークルやクラブに入部するかどうか悩んでいる方!
そんな方たち必見の内容となっております!!

以下では、
体育会系出身の人 = ゴリ
として書いていきます!!笑

体育会系は地道な努力を積み重ねることができる

どんなスポーツにおいても、一番時間を費やすのは練習です。
しかも毎日毎日、何回も何回もやります。
それが上手くなるため、強くなるための一番の近道と知っているからです。
そして、それは自分の中での”当たり前“となっています。

IT業界は、日々技術が進歩しています。今存在しているものでも 数え切れないくらいの技術があります。
ITエンジニアは一生勉強と言われるように、
優秀な人の特徴の一つとして、
日々地道に知識やスキルを身につける努力ができる
ということがあげられます。

ゴリにとって、この地道に努力するということは “当たり前“にできることなのです。
しかも、ITにおいて、スキルを身につけることは、
ほとんどは自分にとって新しいものを学ぶことなので、楽しく努力することができます!
さらに、スポーツよりも、自分の技術が具現化しやすいので、
力がついている実感がつかみやすいです。
自分がプログラムしたものが初めて動いたときの達成感楽しさは今でも覚えています!

 

 

体育会系は教わり方を知っている・上手い

ゴリなら、多かれ少なかれ、監督・コーチや先輩に教えてもらったり怒られたり
という経験をしていると思います。
(中には教わらずとも上達する人はいるかもしれませんが、その人は天才ですので、
その道を極めたほうがいいかと思います。。笑)
ゴリは自分が強く上手くなるためには、抵抗なく人に教わることができる人が多いです。
なぜなら、そのスポーツが好きで、上手くなりたい強くなりたいと本気で思っているから。。
さらに、ゴリは、何回も教わることを経験しているので、
「教えてください」と聞くタイミングも心得ています。(←これが意外と仕事していると大事だったりする・・)
先輩が忙しかったり、機嫌が悪いと、まともな答えが返ってこないことをゴリは知っています。笑

どんな仕事でも、人に聞くということは多々あると思いますが、
ITでは一つのプロジェクトチームの中でも、役割(ジャンル)が分かれていることがほとんどです。
インフラ、アプリ、データベースなどなど…
そしてそれらが相互に関係し合って一つのチームとしてできているため、
他の役割の人に教えてもらうという場面がまぁまぁあります。

また、スポーツにおいて教わる場面で多いのは、あいまいな表現で教えてもらうことが多いです。
擬音で表現したり、「一回やってみるから見といて」とか…笑
そんな教えを自分のなかのイメージに落とし込んで力に変えていく。まさに天才です。笑
ITの分野においても、自分の中でイメージを作ることは重要です。
(データの流れや処理の内容などなど…)

対応力がある

相手と対戦するスポーツであれば、試合までに作戦などを準備すると思います。
相手の特徴などを研究したりもするでしょう。
しかし、準備してきたものができなかったり、
研究して想定していた相手と全然違ったりするのはよくあることです。
その、いわばハプニングに対して、瞬時に判断して動くことがスポーツには求められ、
勝つために必要不可欠なことなのです。

ITの場面においてもハプニングは、日常茶飯事です。
想定しないところで、エラーが発生したり、新たなバグが見つかったり
クラッカーによるシステムへの攻撃を受けたりなどなど。。
クラッカーとはコンピュータの優れた技術を悪意ある行為に使用する人のことをいい、
 ハッカーは、単にコンピュータの優れた知識や技術を有する人をいいます。
そんな場面で、ゴリは力を発揮します。
慌てず、冷静に状況を把握して原因を突き止め
いち早く対応への一歩を踏み出せることでしょう。

まとめ

以上、雑ですが笑、ゴリの強みをあげました!
この他にも・・・
体力がある
上下関係を経験している
逆境に強い
集中力がある
まだまだたくさんあります!

IT業界は現在人手不足で、今後さらに不足は拡大し、
エンジニアの価値はさらにあがっていきます
IT未経験でも全然不安になる必要はありません。
ぜひITという、可能性が無限に広がった世界へ一歩踏み出してみてください!
自分の手で、新たな価値を創りましょう!

コメント