アメリカでは超メジャー!究極のスポーツ!アメリカンフットボールとは?

アメリカンフットボールアメリカンフットボール
スポンサーリンク

今日も世界と1on1(One On One)!
どうも、ダムゴリです。

今回は僕の大好きなアメリカンフットボールについてです。

アメフトは陣地を取り合うスポーツ

アメフトは、オフェンス11人、ディフェンス11
で行うスポーツです。
ボールを持っているオフェンスがランやパスで陣地を進めるのを、
ディフェンスが阻止して陣地を守ります
フィールドは、長さ100ヤード(91.4メートル)、幅は53・1/3ヤード(48.8メートル)
と他のスポーツよりかは少し小さめ。

アメフトは、ボールを持った選手の膝から上の体の一部(手は除く)が地面についた
時点で1プレイが終了します。1プレイ単位をダウンといいます。
オフェンスが攻撃を続けるためには、4回の攻撃で10ヤード進めないといけません。
10ヤード進めば新たに4回の攻撃が与えられます

1回目(ファーストダウン):ランで3ヤード獲得
2回目(セカンドダウン) :パスで4ヤード獲得
3回目(サードダウン)  :パスで3ヤード獲得

10ヤード以上進んだので新たに4回の攻撃件を獲得
(=フレッシュ獲得ファーストダウン更新と言います)

1回目(ファーストダウン):ランで7ヤード獲得
2回目(セカンドダウン) :パスで20ヤード獲得

10ヤード以上進んだのでフレッシュ獲得

1回目(ファーストダウン):ランで1ヤード獲得
2回目(セカンドダウン) :パス失敗(0ヤード)
3回目(サードダウン)  :パスで5ヤード獲得
4回目(フォースダウン) :パントキック

※ここで4回目(フォースダウン)の攻撃を行ってもいいのですが、
 もしフォースダウンでも10ヤード進めなかった場合相手の攻撃がその地点から
 始まってしまい、次の自チームのディフェンスが苦しくなります。
 なので、フォースダウンはパントキックといって、キックで相手の陣地にボールを運ぶのがセオリーです。
 キックをしたら攻撃権は相手チームに移ります。(ファーストダウンやセカンドダウンでキックしても)
 試合終盤で負けているときや、あと1ヤードでファーストダウン更新できるときなどは
 フォースダウンも攻撃するときがあります。これをフォースダウンギャンブルといいますがリスクは高いです。
 

得点

フィールドの両端にはエンドゾーン(10ヤード)があり、
このゾーンにボールを運ぶとタッチダウンとなり、6点を獲得できます。
さらに、タッチダウン後、「ポイントアフタータッチダウン」と呼ばれる
ボーナスポイントチャンスがあります。
3ヤード地点から、
ゴールポストにキックで入れれば、1点
ランかパスでエンドゾーンに入ると、2点
を獲得できます。
3ヤードなら2点狙うでしょ」と思われるかもしれませんが、
この3ヤードがむちゃくちゃ難しいんです。。。
どちらを狙うかは点差や試合残り時間などを考慮して判断します。

得点は、タッチダウンのほかに、フィールドゴール(FG)があります。
先ほど、「フォースダウンはパントで陣地を稼ぐよ」ということを書きましたが、
相手の陣地まで攻め入っているときは(エンドゾーンまで20ヤードとか)、
ゴールポストにキックで狙うことができます。
これがフィールドゴールです。
3点獲得できます。

最後の得点パターンとして、セーフティがあります。
これは、ディフェンスのとき、相手のエンドゾーン内で、
ボールを持っている選手をタックルして倒すことです。
2点獲得できます。
さらに!タッチダウンやフィールドゴールは、相手にオフェンスが移るのですが、
セーフティは得点を獲得できるうえに、自分たちにオフェンスをすることができるのです!

 

アメフトの試合時間

試合は4つのクォーターにわかれており、
日本では1クォーター12分で行われます。
2Qと3Qの間にハーフタイムがあります。(10~20分)
時間が進むのはプレイが行われている間だけです。
(実際には、細かいルールがあります。パス失敗すると時間が止まったりetc…)
ですので、試合開始から終了までは、2時間~2時間半ぐらいになります。

また、4Q終了時点で、点差がつかつかなかった場合、オーバータイム(延長戦)としてタイブレークが行われます。

まとめ

ざっくりですが、このような感じで試合が進められます。
細かい試合の流れやルールについては別の記事で紹介したいと思います!

また、よくラグビーと勘違いされるのですが、ボールの形が似ているだけで全然違います!

アメフトとラグビーの違い⇓⇓

Xリーグ公式チャンネル ルール説明↓↓

アメフトはルールが複雑と思われがちですが、要点を理解すれば細かいことがわかっていなくても楽しく観戦することができます!
では!

 

コメント